スッキリ片付いたお部屋を手に入れよう

すっきり片付いた部屋
誰もが憧れるものです。
物が多くても、居心地の良い部屋もあります。
散らかっている雰囲気ではなく、物は多くても整理されている部屋。
そんなお部屋は、必要なものが正しい場所にきちんと収められているものです。
暮らしやすく、美しいお部屋は理想です。

housekeep ハウスキープ お掃除 掃除 家政婦さん 家政婦 お家 クリーニング お家クリーニング 家事代行 家事 定期 1 1
housekeep ハウスキープ お掃除 掃除 家政婦さん 家政婦 お家 クリーニング お家クリーニング 家事代行 家事 定期 1 1

大掃除をしなくても、常に片付いているお部屋にするにはどうすればよいか

散らかっていると感じるお部屋はとにかく物が出しっぱなしです。
それぞれのモノには正しい収納場所を用意してあげることで、
表に出しっぱなしになってしまうモノたちは減らしていくことができます。
モノが減るとお掃除も管理もしやすくなり、自分自身も動きやすくなります。
すっきりとした暮らしは、とても心地よいものです。

housekeep ハウスキープ お掃除 掃除 家政婦さん 家政婦 お家 クリーニング お家クリーニング 家事代行 家事 定期 5
housekeep ハウスキープ お掃除 掃除 家政婦さん 家政婦 お家 クリーニング お家クリーニング 家事代行 家事 定期 5

でも、いつも隅から隅まで綺麗に片づけておくというのは、とても大変なことですよね。
なんでもかんでも、見えないところにしまっておけばいいのではありません。
しまいやすく、取り出しやすい仕組みを作ることが使いやすさにつながります。

リビングやキッチンは小さな雑貨類が散らかりやすいものです。
調味料や食器なども出したままにしておくと、どんどん場所が狭くなります。
手に取ったらすぐに、元の位置に戻すという習慣が大切です。
種類別にきれいなカゴにまとめるのもよい方法です。

リビングなどの散らかったものは、とりあえず片づけられる
おしゃれな大き目のボックスを用意すれば、急な来客の時に役立ちます。

子供さんのいるおうちでは、子供用の棚や、ボックスを用意。
ラベルで何を入れる場所かを表示してあげるとわかりやすくなり
お片付けが楽しくなります。

モノを床に直置きすると、見栄えが悪いだけではなく、その周りになんとなくモノが集まって置かれるようになっていきます。
バッグや上着、ストックで購入したモノなど、少しの間も床には置かないと決めごとを作るのもよい方法です。

毎日過ごすお家の中が、すっきり片付いた空間になると
家族の表情まで明るくなります。

私が、伺うお家で小さなお子さんがいらっしゃる場合、
作業が終わってお部屋を見た瞬間の反応がとてもうれしいものです。
「わぁ、ピカピカだね!」「すごーいきれ~」など
本音が思わず出た言葉を聞くと、やった!っという気持ちになります。

ソース画像を表示

子供もきれいは大好き。

なかなか子育て中は片付けまでは手が回らないというママもたくさんです。

だけど、一つ持ってきたものを一つ戻すのは簡単な作業です。

家族みんなでひとつお片付け!習慣をつけてみましょう!

きっとスッキリお部屋ができます(*^^)v