衣替えの季節 お片付けのコツ

季節が変わり、そろそろ、タンスの中身を入れ替えようかなと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

せっかくだから、お片付けもいっしょにできる良いタイミングです(*^^)v

ハウスキープでお伺いするおうちでもお洋服が片付かないという方は多いです。

衣替えと一緒に片付けもやっっちゃいましょう!

衣替えのタイミングで要らない服を処分することも考えましょう!

収納する際に、とても楽になり、タンスの中もスッキリします。

洋服は収納が苦手と言われる方の中でも、悩みのひとつのようです。

洋服が片付くと、かなりお部屋がスッキリします。

収納のポイントとして、①出し入れがしやすい②選びやすい③服が傷まないということがあります。

たたんで収納すべき衣類

たたむ収納が衣類整理の基本。たたんだほうがいいと判断する基準はシワの気にならないもの、ハンガー掛けにすると肩に跡が残ったり、伸びてゆがんだりするものです。たたむのは面倒だと思かもしれませんが、コンパクトにまとめることができたり、出し入れがしやすくなるというメリットもあります。

上から見て何が入っているか一目でわかるようになります。

ワンポイントが見えるようにたたむのも良いかと思います。

ソース画像を表示
  • 下着
  • パジャマ
  • Tシャツ
  • ニット
  • カットソー
  • シャツ、ブラウス
  • ジーンズやコットンパンツ
  • シンプルでカジュアルなスカート
  • シンプルでカジュアルなワンピース

シーズンオフの衣類を保管する場合には、ジャケットやコートもたたんで衣装ケースにしまうこともあります。その際には折り目にタオルをはさむと折ジワを防ぐことが出来ます。

洋服をグループ分けして収納する

着たい服が見つけやすいのは大きなポイントです。大まかなグループ分けをすることをおすすめします。季節でグループごとにひとまとめのケースに入れておくと次の季節の入れ替えの際にとてもわかりやすくなります。

ソース画像を表示
  • 真冬の厚手服
  • 真夏にしか着ない服
  • 秋冬の薄手服
  • 春夏の薄手服

なかには秋冬と春夏どちらも着るなぁと思うことがあります。そんなときには色味や素材を目安に分ける手もありますが、無理に分けなくてもOKです。

一年中着る服のグループがあってもいいと思います。

その場合は、いつも着る服のスペースに収納します。

スッキリ処分でスッキリ収納

ソース画像を表示

おうちのサイズや収納のスペースによって、しまえる洋服の数は限られています。衣替えの時期になると入らない!というお悩みに直面することがあります。溢れた分のケースを買って入れると、どんどんその度にケースが増えることになります。

そこで、ひとつ増えたら、ひとつ処分という習慣をつけましょう。

着ていない服が必ず何着かあるはずです。衣替えのタイミングで処分!そうすることで、同じスペースにきちんと収納でき、洋服で溢れるといったことが亡くなります。

  • 今シーズン、一度も着なかった
  • 過去3年着ていない
  • サイズが合わない
  • すでに流行遅れになっている
  • 汚れやキズ、型くずれなど見た目の劣化が明らか

例外として、劣化はしているけれど、特別の思い出がある洋服もあります。そんな時はリメイクするのも手です。子供のお洋服でバックに変身!ということもできます。写真に撮って思い出として残すのもおすすめです。自分ではいらないけれど、まだまだきれいでもったいない、そんな場合は、リサイクルショップへ持ち込むという手段もあります。

今年の衣替えの際には、おうちの片付けも兼ねて頑張ってみてください♡