家事 家族 嫌になった時

家にいて疲れる 家族が疲れる存在になる

「家族」って言葉は幸せの象徴だと 一般的には考えられます。

でも・・・。その存在が苦痛の何ものでもなくなる時。

ましてや、その原因が、「家事」だったりする時。

主婦の中では、本当に「あるある」なんです。

仕事を終えて、クタクタなのは旦那も私も一緒。それなのにどうして私にだけ大量の家事が待っているの!

子どもの世話。かわいいはずの我が子が悪魔に見える。どうしてこんなに散らかすの!!

親の介護。同居、別居にかかわらず、高齢の両親のために、どうして休みの日まで時間を作らなきゃいけないの!

いつもは、テキパキ文句も言わず、できていることが、ふとした瞬間、爆発!

「どうして~~~~~っ!!!!」って叫びたくなること「あるある」

その、「どうして~!」は心の叫びだと思います。心と体が許容範囲を超えた時。

旦那さんに暴言を吐いた。

子どもを感情的に叱りつけた。

親につらく当たった。

そして、自己嫌悪。

現代の男性は本当に優しくなりました。家事にも協力的。育児にも協力的。

でも、やっぱり、基本「家事」は女性の仕事。っていう考え方、ずっと昔の日本から受け継がれている姿勢みたいな、暗黙の了解みたいな、あるんですよね。

「お料理」大好きって女性もたくさんいます。

「お掃除」大好きって女性もたくさんいます。

「子供」大好きって女性もたくさんいます。

でも、365日、常に好きではないんです。

誰かに手伝ってもらいたい。ちょっと手助けしてほしい。家族には頼れない。

そんな時は、ちょっと、さぼってください。

リフレッシュする時間を無理やりにでも作ってください。

爆発しそう!って思ったら。手伝って~!って思ったら。

どうぞ、一度ご連絡ください。リフレッシュのお時間をつくるお手伝いいたします!

ハウスキープ(家事代行)

Tel 0120-803-703