頑張らない 家事 方法

ひとりで家事を抱え込まないことが家庭円満のコツ

昔のように、2世代家族、3世代家族で暮らしていた時代ではなく、核家族が当たり前となり、共働きやワンオペ育児といった環境で、家事をやる人手や時間が少なくなってしまった時代。家事を負担に感じて、それだけでストレスをかかえ、イライラを家族にぶちまけるようなことが起こっていませんか?

家事を負担に感じるのは家事の量が多すぎるため

女性の社会進出により、家にいる時間が短くなった現代。だからと言って、家事の量は昔とあまり変わっていません。必然的に、負担がかかってきて、それにより、ストレスを抱えて、家事疲れなんていう状況に陥っている方も多く聞かれます。

疲れをためないために「家事を一人で全部やろうとしない」

自分の限界以上に、家事をやろうとしない、そうするためにはどのような方法があるでしょうか。

1.家事の中で自分が嫌いなものはなるべく量を減らす

お料理は好きだけど、皿洗いは嫌いとか、お掃除は好きだけど、洗濯を干すのはは嫌いとか家事の中にも好きなこと嫌いなことが必ずあると思います。少しお金はかかりますが、食洗器を使ったり、乾燥機洗濯機を使ったり、上手に電化製品を使うと、ずいぶんストレスを減らすことが出来ます。

2.いらない物を買い過ぎない。物を増やさない。

たくさんの物を棚の上に置いたりしているだけで片付けが大変になります。掃除をする際も、ほこりがたまりやすかったり、それ自体を動かして掃除機をかけたりするだけでも、かなり時間を要します。いらない物をなるべく買わないように心がけて、室内、棚の中に物を増やさないようにすると、かなり部屋の中が片付きます。家事のしやすいお部屋にすることもストレスをためない方法です。

3.自分以外の人にも家事をやってもらう

家事はお母さんの仕事。昔はそれが当たり前になっていました。家にいて、家事にかかっていられる時代は、それでもやれるお母さんはたくさんいたかもしれません。けれど、5つの家事があるとして、その中の2つでも、旦那さんや、子供に手伝ってもらえれば、その分負担が減り、家事の大変さも知ってもらう機会になります。初めは、簡単な部分のお手伝いを頼んで、やってもらったら、ありがとうと感謝の言葉を言ってみましょう。コミュニケーションもとれて家族の輪ができてくるかもしれません。

「家事代行サービス」を利用しましょう

家族の手伝いも頼めない、本当に家事が追い付かないという場合は「家事代行」がおすすめです。週に1回、月に2〜3回などの利用でも、家事の負担が大きく減り、その間に心と身体をリフレッシュすることが出来ます。

ハウスキープ(家事代行)は家事疲れのあなたの味方です。

家事疲れで家族との間にギスギスした関係が出来てしまっているおうちは結構あります。そんな問題をハウスキープ(家事代行)は解決いたします。家事の負担を減らして、心と身体のリフレッシュをしてください。

お問い合わせはこちらまで

お電話もお待ちしております。

Tel 0120-803-703